ウーマン

深いしわに効く化粧品が登場|美肌に前進しよう

繊細な素肌は適切にケア

女性

成分で選んで擦らず叩かず

人により化粧水を使うことで赤みを帯びたり、ひりひりすることもありますが、その様な敏感肌の方は、刺激が少なく潤い成分を豊かに配合する商品を選びましょう。化粧水では香料などを使用する製品も多いので、できるだけ余分な成分が少ない商品を選びます。またエタノール類やアルコール類の含有率が高い化粧水も、敏感肌の方は使わない方が良いでしょう。そのほか、ビタミンC誘導体も美容的には魅力的な成分ですが、皮脂を抑える働きがあることから、敏感肌の方は多量のビタミンC誘導体を配合する化粧水は控えた方が無難です。それぞれの化粧品に使われている原料は成分表に記されており、含有量の多い物から順に明記されています。ですから、成分表示の最初の方にそれらの名称が記載されている場合は、敏感肌なら避けておきたい化粧水です。皮膚の調子を整えるためにも、自分の肌に合った化粧水を探して、しっかり保湿する様にしましょう。一方、最適な化粧水を見つけましても、使い方を間違えればその意味も半減します。例えば化粧水をつける際は、何度もパッティングしないことがポイントです。パッティングを繰り返すことで肌にダメージを与えるほか、毛細血管を拡げて赤みを招く要因にもなりかねません。さらに水分も逃げやすくやりますから、十分注意しましょう。そこで、化粧水を使う時は手に適量をとり、手の平で顔を覆う様にして優しく押さえます。敏感肌の方は擦ったり叩いたりせず、ソフトに化粧水を使うことが肝心です。